2007年 11月 04日

水族館

水族館が好きで、新江ノ島水族館の年間パスポートを買って、しょっちゅう行っていた。
年間パスポートと言っても、2~3回行けばすぐに元が取れちゃうので大変お得。
子どもは喜ぶし、結構くつろげるし。

ところが、写真を撮っているものの立場で言わせてもらうと、館内はかなり暗く、幻想的なくらげを撮ろうにもまともに撮れない。

先日、ボクの写真展に、ピンホールカメラを使って活動されている方たちが来て下さった。
その中のお一人に大木靖子さんという方が、ピンホールカメラで水族館を撮影されていると言う。当然、ピンホールカメラだと露光時間が長くなる。と、言うことは…。

今日、四谷三丁目のギャラリー、Rooneeに彼女の写真展に行ってきました。
不思議です、水槽が宇宙だったり、オーロラに見えたり。もちろん、長時間撮影のため魚もくらげも消えていません。幻想的な世界です。

大木靖子さんの写真展Aquariumは11月4日(日)までです。新鮮な驚きでした。

d0127295_0282320.jpg

[PR]

by takashi-gin-en | 2007-11-04 00:30 | 写真展


<< よくあった質問 機材編①      写真展は明日までです。 >>