銀塩復興モノクロ主義 ときどきカラー

tappphoto.exblog.jp
ブログトップ
2009年 03月 14日

近代建築

大揉めに揉めた東京中央郵便局も文化財として指定され、最悪の事態は免れたが、完全保存とはいかないようだ。だが、今後の近代建築の保存に関して一石を投じたのは事実だ。

関東大震災後に建てられた建築物の多くは、再開発や耐震問題などの名目のため取り壊されてきた。

横浜にある多くの近代建築も例外ではなく、その中でも横浜スタジアムの側にあったストロングビルという昭和7年に建てられたビルは、かつてダークルームが入居していて、暗室技術を学び、多くの出会いがあっただけに残念でならない。

写真は取り壊される直前に一般公開されたときのもので、暗室仲間のHさんと見物に行った時のものです。

d0127295_1543888.jpg

Nikon F80 18-35mmF3.5/4.5 NEOPAN400 PRESTO
[PR]

by takashi-gin-en | 2009-03-14 02:00 | 建築物


<< 犬の記憶      20世紀少年 >>