銀塩復興モノクロ主義 ときどきカラー

tappphoto.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:機材( 13 )


2008年 01月 27日

試し撮り

今年から芸風、じゃなくて作風を変えようと思って6×6に挑戦。で、カメラをどうするか?
ハッセルもローライも予算的に到底無理。NEW マミヤ6も周りじゃ結構使っている人がいるけど、これも無理。6×6でレンズ交換が出来るカメラ?ありました、二眼レフのマミヤCシリーズ。

街の写真館とか観光地の写真屋さんが使っていたヤツ、そう、あのデカいヤツ。
ダイアン・アーバスも初期のC3と言うタイプを使っていて、何かの本で彼女が公園のベンチに座って隣にC3を置いている写真を見たことがあるけど、改めてそのデカさに呆れてしまう。

実際、C3系のカメラを持っ1日歩くとなると、重すぎてどうにかなりそうである。
そこで、セルフコッキングなどの機能を簡略化し、ほんのチョッと軽量化したC220にしたのだが、それでも重い、まるでブロック塀のブロック。それと承知はしていても巻き上げの後、シャッターをいちいちチャージするのは面倒だ、慣れの問題だが。

で、55mmF4.5(35mm換算で約30mm)のレンズを付けて試しに撮ったのが以下の写真。ちょうど数十倍の価格のワイドローライと同じ写角。名づけて“プアマンズ・ワイドローライ”。

d0127295_2152253.jpgd0127295_21524275.jpg
[PR]

by takashi-gin-en | 2008-01-27 22:05 | 機材
2007年 11月 25日

よくあった質問 機材編②

機材編①があるなら②は何時だ?というお叱りを受けておりましたが、本日やっと更新することが出来ました。何とか…。

この写真、比較的“静”の写真が多かった中でも、一番“動き”がある写真だったのではないでしょうか?

カメラは,ヤフオクで落としたジャンクのOLYMPUS OM-1MD(その後完全修理)とY駅前の骨董市で2千円で購入したジャンクのワインダー。これは電池ホルダーが破損していたので、OLYMPUS のサービスステーションで新品を取り寄せ、見事に復活。
レンズは28mmF3.5でシングルコートの地味なヤツ。しかし、このレンズ、モノクロフィルムとの相性はバッチリ。小さくて軽いという事もあって、持ち出す頻度は高いです。

撮影はフラフープの動きを止めたかったので、ワインダーを装着し、シャッター速度を1/60、絞りはフラッシュに合わせてf5.6で連続撮影。フィルムの半分ぐらい撮った中の一枚です。

さて、フラフープですが、やったことあります?娘は何の苦も無く回していましたが、これが見るのとやるのとでは大違い。でも、メタボデお悩みの方にオススメです。かなり効きますよ。

d0127295_2356967.jpg

d0127295_23554798.jpg
[PR]

by takashi-gin-en | 2007-11-25 23:39 | 機材
2007年 11月 11日

よくあった質問 機材編①

連続写真展も終わり、そろそろブログの更新でも、と思っていたが、仕事が忙しくて帰りが遅く、ほとんど帰って寝るだけ、と言う状態が続いたので、更新がなかなか出来ませんでした、スイマセン。

さて、言い訳はこの位にして、写真展が終わったら、しばらく普通のおじさんに戻ろうと思っていたが、観に来て下さった方々の熱い励ましの言葉に、新たな闘志が湧いてきました。次は何をやろうか…。

写真展では多くの方とお話ができ、作品に関して沢山のご質問を頂きましたが、ふだん無口で人見知りがひどいボクにとって、なかなか上手くお答えできなっかたのでは、と思います。
そこで、何回かに分けてこの場をお借りしてお答えいたします。

カメラ好きの方は当然気になるのが、使用機材でしょう。
高価な機材など一切使ってなくて、恥ずかしかったので「35mmで一眼レフです」という感じで答えていましたが、実際一眼レフばかりでなくこのRICHO GR1も使いました。

DMでも使いましたし、写真展の会場でも真ん中で展示されていました、実際展示した25点の中でこのカメラで撮影したのはこの1点だけですが、ボクの一番のお気に入りです。
d0127295_0202363.jpgd0127295_020422.jpg
[PR]

by takashi-gin-en | 2007-11-11 00:11 | 機材